スキンケア

スキンケアの基本と手順について、詳細に説明しています。ぜひご参考にしてください。
MENU

エイジングケアは美容品でのアンチエイジング

以前から25歳はお肌の曲がり角と言われていますが、アラサー以降のお肌の手入れがエイジングケアです。

 

実は一般的に使われているアンチエイジングという言葉は医薬部外品のみに使用が許されていて、美容品には使用できません。

 

◆美容品にアンチエイジングの表記は薬事法で禁止
普通に何気なく使うアンチエイジングという言葉を使う美容品はありません。
そこで考えられたのがエイジングケアという言葉です。
アラサー、アラフォー、あるいはそれ以上の年齢層の女性が加齢で変化するお肌のケアをするための美容品は
すべてエイジングケア商品ということになります。

 

◆加齢でどの部位が変化するのか
このように25歳以降の女性で、身体や顔のどの部位が変化するのでしょうか。
最初に目立つのが目の周囲の変化で、乾燥しやすくなり、アイラインを引かないと目元がぼやけています。
次が栗の周辺で、目と同様に乾燥しますし、毛穴とほうれい線が目立つようになります。
なお皮膚の緩みで二重顎になりがちです。

 

◆エイジングケアで肌の状態を保つ
肌の変化の原因は、乾燥と紫外線で、乾燥をケアするには洗顔料とクレンジングクリームが重要になります。
ただし正しい洗顔をしないと、どのような保湿剤を使っても乾燥をケアすることはできません。

 

紫外線がシミやシワの原因になることはご存知だと思いますが、
実は夏だけではなく常に紫外線対策は必要ですから、毎日の習慣にしましょう。
つまりエイジングケアと称する化粧品を使うことはいいのですが、毎日のお手入れがエイジングケアなのです。

 

このページの先頭へ