スキンケア

スキンケアの基本と手順について、詳細に説明しています。ぜひご参考にしてください。
MENU

エイジングケアでしてはいけないこととすること

若々しい美肌を維持するためにエイジングケアは必要ですが、
そのためには、することと同時に、してはいけにことがあります。
間違ったケア方法は肌を傷めることになりかねません。

 

◆エイジングケアでしてはいけないこと
エイジングケアで見落とす点があり、それはしてはいけないことです。
その代表はタバコで、タバコはほかにも良くない作用がありますが、
美肌に関する限りタバコは吸わないことです。

 

タバコは美肌に必要なビタミンCを破壊する作用がありますから、吸わないようにしましょう。
ビタミンCは体内に蓄積できませんが、タバコのニコチンやタールは体内に蓄積されますから、
折角摂取したビタミンCはタバコで壊されてしまいます。

 

次にしてはいけないのが夜更かしで、眠ることは肌に必要ですが、
夜更かしで睡眠不足になると、肌細胞の代謝機能が十分に働かなくなり肌荒れの原因になります。
このような肌に負担がかかることはエイジングケアではしてはいけないことです。

 

◆エイジングケアですること
加齢は肌の乾燥を招きますから、乾燥でシワやたるみが生じます。
肌の乾燥防止をしましょう。

 

身体の大半は水分ですから、乾燥防止には肌の潤いを保つと同時に、
肌に必要な栄養分を摂取することです。

 

栄養分とは、たんぱく質で、β-カロテンは野菜などに多く含まれているビタミンAやEです。
ビタミンAやEは身体の酸化を防止して、強い肌にする作用があるので、積極的に摂取しましょう。

 

◆シミ対策が重要
エイジング対策はシミ対策ですから、
UV防止効果があるファンデーションを季節に関係なく、毎朝の習慣にします。
夏には特にUVが強くなるので、日傘を使用しましょう。

 

◆エイジングケアのまとめ
以上のエイジングケアをまとめると、タバコを吸わないこと、夜更かしをしないこと、
たんぱく質とビタミンCやA, Eなどを積極的に摂取することなどです。
そして、一時的ではなく、生活習慣として継続することです。
女の子 欲しい

 

このページの先頭へ